目尻のシワにはヒアルロン酸クリームが良いってウソ!?

目尻のシワにはヒアルロン酸クリームが良いという噂がありますが本当でしょうか調べたところ、身尻のシワにはヒアルロン酸クリームだけを皮膚の表面に塗るだけんの対策では、それほど目尻のしわの改善は期待できないという事がわかりました。

 

目次をクリックするとジャンプします。

目尻のしわにはヒアルロン酸クリームが良いって言われるけど

さてネットでは、目尻のしわにヒアルロン酸クリームがきくと噂されていたので
その方法をさらに高める方法を調べてみましたが、結論から言うと、「ヒアルロン酸クリームだけを皮膚の表面に塗っても、なかなか身尻のしわを改善するのは難しいんです。」

その理由をこれから説明しますね。

目尻のしわの原因として考えられるのが、老眼なのにメガネをかけずに目を酷使したり、眉をひそめた状態のままスマホを見つめている、といった表情の習慣も、しわが増える原因となります。他にも毎日のアイメイクのON/OFFで物理的なストレスがかかりやすいなど、デリケートなゾーンにも関わらず「酷使するわりに、ケアが届きづらい」というのも原因の一つです。そもそも目の周りは、顔のほかの部分に比べて「皮膚が薄く、脂が少なく、乾きやすい」部分。内側から出てくる皮脂が少ないということは美容成分も浸透しづらくケアしにくいという事なんすね。

 

目尻のシワの改善にヒアルロン酸クリームを使うとしら?

もちろんヒアルロン酸クリームを使う意味は全くないの?
というとそんなことはありません。

目元やほうれい線の上などをピンポイントでケアしたい場合は、直塗りでもOKですが、ヒアルロン酸クリームにヒアルロン酸の原液を2~3滴、加えて使用するのも効果的だと言われています。

シワは大きく分けて2種類あります。

シワの種類が違えば対策も異なるので、まずは2種類の「表皮のシワ」と「真皮のシワ」から解説しますね。

表皮のシワ

肌の表面、約0.2mmの薄さの「表皮」にできるしわのことです、細かくて浅いシワで、ちりめんジワなどとも呼ばれておえいます、薄い紙をクシャッと丸めた後のような状態になります。乾燥して新陳代謝が落ちたことでできやすくなるもので、この段階であれば保湿をしっかりして血行促進などのケアをすることで回復せせることは可能です。また、笑ったときや怒った時、表情を作った時のシワは、若い時にはすぐに戻りますが歳を重ねるうち、そのシワがまるで折グセをつけた厚紙のようにしっかりと刻まれていくので、これらが定着していくと次の「真皮のシワ」にすすんで行ってしまいます。

真皮のシワ

先ほど説明した表皮のシワが悪化事によって、さらにその内部にある「真皮」のシワになっていきます。これはコラーゲンやエラスチンの減少や衰えによって弾力性が失われたり、これらの成分を作り出す細胞の活力が衰えたりすることで、皮膚がたるでできてしまうしわんです。この原因は紫外線や老化・乾燥などが引き起こすのですが、保湿ケアをしても効果はあまりなく、一度できると簡単にはなくなりません。細胞の活性をサポートする成分配合の化粧品を使い、血行を良くするマッサージなどを根気強く続けていくことが対策になります。

シワの仕組みや理由を見ても、目元の乾燥シワ対策に絶対欠かせないのは「保湿」。効果的な保湿成分は、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・・・この3つ。これらは単独で使うよりも、組み合わせて使うことでそのはたらきを補い合うことができるので、より効果的に保湿することができます。

また表皮に存在するセラミドに対し、ヒアルロン酸は真皮に存在しています。コラーゲンやエラスチンのすき間を埋めており、ゼリー状。1gで6Lという保水力があり、肌のうるおいと弾力を保つ役割を持っています。100%であっても40代後半から急速に減り始め、60代で50%まで急速に低下します。

ヒアルロン酸は分子が大きいため、ヒアルロン酸配合の化粧品の多くは真皮層までは届かず、角質層で水分を抱え込んで水分の蒸発を防ぐはたらきをします。最近は、真皮にまで届けるために分子を小さくし浸透率をアップしたヒアルロン酸もありますが、どちらが優れているということはなく、以下を参考に使用感や目的にご自分に合わせて選ぶといいでしょう。

※ここでに重要なのはヒアルロン酸を真皮層までとどけるということなんです。

■高分子ヒアルロン酸
・浸透性は低く、角質層表面にとどまる。
・保湿効果が長時間持続し、しっとりした使い心地。
・乾燥がひどいお肌向き。

■低分子ヒアルロン酸
・浸透性が高く、角質層の内部にまで浸透する。
・保湿効果は比較的持続せず、さらっとした使い心地。
・ベタつきにくいので夏場向き。

もう一度、目尻にシワができやすい理由と特徴をおさえておきまあよう!

あなたが初めて気づいた「お顔のシワ」は、どこでしたか?
眉間や口元もシワができやすいゾーンですが、シワが気になる場所といえば圧倒的に「目尻」ではないでしょうか目尻のシワは老けて見られる大きな原因ですからね。その原因は乾燥・紫外線・加齢ですが、目元にシワができやすい理由にはこのようなものがありましたよね。

■皮膚が薄い
目尻の皮膚はは他の場所に比べて、ラップのように薄くデリケート。さらに皮下脂肪や皮脂腺も非常に少ないため、もともとハリや水分を保つ事が非常に困難。

■目の疲れ
日頃から動きの多い目元の皮膚は、夜更かしや、長時間パソコンやスマホを使うことによる目の疲れによって目の周りの血行を悪くし、乾燥を招く。

■アイメイクとクレンジング
アイメイクの落とし方もシワの要因に。完全に落としきれていなかったり、洗浄力の強すぎるクレンジングを使ったり、ゴシゴシ洗いを繰り返すと、デリケートな皮膚にはストレスをかけてしまう。

原因はなんとなくわかったけれど・・・実際に目元のハリや明るさ、美しさを取り戻すためには何をしたらいいのでしょう?ただ闇雲に、よさそうなものを塗って安心しいませんか?

そんな事態に陥らないためにもアイケアは計画的にスペシャルケアも含めて考える必要があますよね、目元のトラブルそのものとアイクリームの成分をよく知ることも大切ですが、

ちなみに、当サイトでもおすすめしているヒアロディープパッチをスペシャルケアとして併用するようになってから、目尻のしわもほとんどなくなりました。

使った体験談ものせてあるので、興味があればご覧くださいね。

ヒアロディープパッチを使って目尻のしわを改善した体験談へ。

また今からヒアロディープパッチを始める方は結構ラキーです(笑い)

全額返金保証が付いていたり、してますので気軽に始められるとおもいます。

ただいつまで全額返金保証を付つけるのかわからないので、

興味のある方はお早目に^^→ヒアロディープパッチの公式サイトはこちら

まとめ

目尻の改善にはヒアルロン酸クリームを直接的に効かすのは難しい。

ヒアルロン酸でつくったハリを直接目元にさすという、目尻のスペシャルケアを定期的に併用することで、しっかりと目尻の改善に効果を発揮するということです。

覚えておいてくださいね。