目の下の乾燥を改善する為に私が試して成功した7つの方法とは!?

年齢を重ねたからと言って、目の下の涙袋の下にシワができるのは仕方がないと思っていませんか? しかっりと正しいケアさえ間違わなければ、改善することができます。

今回は、私が目の下の乾燥を改善するために試して効果がでた7つの方法と乾燥シワ対策のスキンケア、効果的なアイメイクの方法、さらに併用して定期的なスペシャルケアなどをご紹介します、参考にしてくださいね。

目次をクリックするとジャンプします。

方法 1(保湿をしっかりと

保湿の際には刺激の少ない化粧品を選ぶようにしました、また乾燥がひどい場合にはワセリンを使用するようにして、肌の表面をを油分でしっかりカバーするよにしました。ワセリンは刺激がほとんどありません。目の下が乾燥した場合はまずはしっかりと保湿をするのが一番です。肌のバリア機能が高められるので、バリア機能も整い肌を刺激からまもってくれるため、乾燥しにくくなります。

方法 2パソコンやスマホ作業の後は目を休める

長時間のパソコンやスマホ作業の後は眼筋を休ませるることにしました。そうすことで眼精疲労による目の下の乾燥を防ぐ事ができますよ。目を休ませる際にはホットタオルなどを目に当てて血行を良くしたり、眼球の乾燥を目薬で補うようにしました。(私の場合5分~10分ほど目を休ませる事でかなりすっきりです)

方法 3肌に優しいメイクやクレンジングを心がける

乾燥している目の下やまぶたにメイクオフする際やメイクオンする際に注意すること。

メイクオフの場合はお湯や石鹸だけでも構いませんが、メイクが肌に残ると肌あれや乾燥の原因となりますので、しっかりメイクオフしたいのなら、目の周りだけは専用のアイメイクリムーバーを使うのがおすすめです。

アイメイクリムーバーの使い方のポイント。

■ リムーバーをコットンなどにたっぷりと染み込まる。

■ 次に優しく押し当てながらメイクを吸着させます。

こうすることで目の下やまぶたをこすらずに簡単にアイメイクを落とすことができます。アイメイクリムーバーはウォータープルーフなどのメイクも肌に負担をかけず落としますし、まつ毛の保護にも役立ちます。

メイクオンの際には、肌に優しい成分が配合されたアイテムを使いました。

 

方法 4生活習慣の見直し

目の下の乾燥と生活習慣は密接な関係があり、エアコンを使った室内は夏冬問わず乾燥していますし、特に冬には外の空気も乾燥していますので、加湿器を使ったりして部屋の湿度を一定に保つことにこだわりました、そうすることでお肌全体の乾燥も予防できますので、意識してバランスの取れた食生活やストレスを溜めないようにして、健康な生活を心がけました。

方法 5コラーゲンやセラミドを含んだスキンケア美容液を使用する

 

目の下の部分の乾燥によりコラーゲンなどの減少と水分が不足すると、シワやタルミの原因となりますので十分に保湿をして、真皮内のこれらの成分量を増加させることが大切なので、コラーゲンやセラミドなどの成分を含んだ化粧水や美容液を活用するようにこころがけました。

方法6自分でエクササイズやツボ押しを行う

目元のたるみ

口元の筋肉を動かすエクササイズとこめかみ周辺のツボ押すことで目の下のたるみを防止し、若々しい目元をキープし改善することが可能です。いずれも自宅で、自分ひとりで簡単にできるものですので、ぜひ習慣化してみてくださいね、目元のしわやたるみに悩む方が良く間違いを犯すのが目元に頻繁に触れてしまうと言う事です。繊細な目の下に誤った刺激を与えてしまうと、目元のシワにつながるだけでなく、眼球にも悪影響を与えてしまうことがありますので注意してくださいね。

以外と知られていない口元の筋肉を動かすエクササイズ 

口元の神経は目元の神経につながっているため、口元の神経に刺激を与えて筋肉を強化すれば、連動して目元の神経も刺激され、筋肉が鍛えられる効果が期待されます。方法としては舌全体を口腔内で円を描くように動かします。上下の歯茎全体をぐるりとなぞるように舌先を動かすようにエクササイズします。

こめかみの周りのツボを押します。

効果が期待されるツボとして、

  • 「承泣(しょうきゅう)」目の下の骨のすぐ上
  • 「救後(きゅうご)」目尻の斜め下の骨にあるくぼみ
  • 「太陽(たいよう)」こめかみから少し目に近い場所

などがあげられます。

指の腹の柔らかいところで、眼球や眼球の周辺をじっくりと圧をかけて心地良い刺激を与えます。

方法7定期的にスペシャルケアを施す

以上の6つの方法と併用して私が行った方法が、定期的なスペシャルケアです。

ちなみに、当サイトでもおすすめしているヒアロディープパッチをスペシャルケアとして併用するようになってから、目尻のしわもほとんどなくなりました。使った体験談ものせてあるので、興味があればご覧くださいね。→ヒアロディープパッチを使って目尻のしわを改善した体験談へ。

また今からヒアロディープパッチを始める方は結構ラキーです(笑い)全額返金保証が付いていたり、してますので気軽に始められるとおもいます。ただいつまで全額返金保証を付つけるのかわからないので、興味のある方はお早目に^^→ヒアロディープパッチの公式サイトはこちら

その他、医療的な方法のご紹介

(注射やレーザー、メスを用いた美容医療もあるようです。)

こちらは、大きな改善効果が期待される反面、その効果には個人差がみられ、高額になりやすいといったデメリットもあります。注射のみで行える意外と手軽な方法からメスを用いての手術まで、いろいろなバリエーションが存在している美容医療なんですが、最初に専門医との十分な相談を通じ、あなた自身の希望や状況に合った治療の方法をお選びください。

ヒアルロン酸を注射

目元のシワやたるみを抑え、ハリを取り戻す効果が期待できるのが、注射を用いてヒアルロンを注入する方法です。

ちなみに、→ヒアロディープパッチは自宅でヒアルロン酸を注入する目尻のスペシャルケアとなります。

真皮層へのレーザーを照射

こちらの方法は腫れなどのリスクが比較的小さいことと、施術時間が短いという事で人気のようです。腫れに対する不安をお持ちのかたや、多忙でなかなか仕事を休めないかたにおすすめします。皮膚の真皮層へのレーザーを照射は、細胞内のコラーゲン生成を促す効果があります。

脂肪をメスで除去する方法

こちらの方法の手順としては、

■ 下瞼の奥の結膜側の余分な脂肪をメスで除外する。

■ たるんだ余分な脂肪ろ皮膚を除去したあと縫合する。

など、その人にとって施術方法がことなる場合があります。また費用の面でも高額なので自分が期待している効果とのバランスをよく見極めたうえで、施術を受けることをおすすめします。

 

目の下の乾燥を招く原因をおさえておきましょう。

■ スマホやPCを長時間使用すると

スマホやパソコンを長時間使う人が気を付けないといけないのが、眼精疲労や目の渇きによる目のしたの乾燥です。また目の筋肉が疲れてくると、目を普段よりも多く動かすためにその分、目の筋肉を多く使う事となり、目の下の乾燥の原因となります。

■ 摩擦による肌損傷 

目のかゆみや眠気を感じた時にしらずしらずのうちに目をこすってしまうことはありませんか。
顔をこする癖がある人は無意識のうちに目の周りに摩擦による刺激を与えやすいので注意してください。

日常のちょっとした習慣が乾燥を加速させてしまいまうことがあります。目の下は皮膚が薄いため意識してこすらないようにしましょう。

■ アトピー性皮膚炎などの病気が原因に 

目の周りに発症しやすい皮膚炎としては、肌のバリア機能が弱いことから起こるアトピー性皮膚炎や、「かぶれ」などの症状が現れる接触性皮膚炎がありますが、病気が原因で目の下やまぶたの乾燥が起こる場合もあります。

■ アイメイクやメイクオフ時の摩擦に注意!

先ほど触れたように、目元の皮膚は摩擦に弱いので、メイクやメイクオフの際に目の周辺をこすらないように注意が必要です。また洗浄力の強すぎるクレンジング剤などで目の下やまぶたをメイクオフするのも厳禁です。必要な皮脂や角質まで落としてしまう恐れがあり肌のバリア機能が低下してしまい、乾燥や肌あれの原因になります。

■ 洗顔後の間違った方法でスキンケア

洗顔後のスキンケアで注意する点は、化粧品の目元への塗りかたを雑にしないということです。おでこや頬にはたっぷり化粧水をつけて保湿をしていても、目の周りは案外忘れがちなものです。水分補給が足りていない状態で肌に摩擦を与えると目の下や目元の乾燥を引き起こします。

目の下が乾燥する原因はこのようにいろろありますが、これの原因を踏まえたうえで、ヒアロディープパッチを使用したスペシャルケアなどもしっかり行うことをおすすめします。

参考サイト⇒ヒアロディープパッチの口コミや効果を徹底して調べた結果……..

目の下が乾燥しやすい理由

お肌は通常、皮脂腺から出た皮脂と汗腺から出た汗などが混ざり合うことで表面に薄い膜を形成し、水分が逃げるのを防いだり、刺激に対するバリア機能を果たしているわけですが、目の下を含む目の周辺は皮脂腺の数も少ない場所のため皮脂の量が少ななく、潤いも逃げやすいので乾燥に弱いのです。

また最も皮膚が薄く、0.6mm程度の厚みで、卵の薄皮のような膜しかありません。そのため外からの刺激に弱くダメージもうけやすいのです。

目のしたの乾燥を防ぐアイメイクの方法は?

 

化粧品を使用する際は保湿力の高いものを選びましょう

下地やコンシーラー、ファンデーションなどには保湿力の高いものを選ぶと目の下の乾燥を防ぐのに効果的です。メイクに使う化粧品も乾燥度合いを左右するからです。ファンデーションにはリキッドタイプやクリームタイプまたパウダータイプなどがありますが、リキッドタイプかクリームタイプを使うのが潤い効果が高くおすすめ。パウダータイプのファンデーションは粉の形状のため、肌の水分を吸収しやすい性質を持っているので、目元が粉っぽくカサカサしてしまい乾燥を防ぎたい時にはおすすめできません。

パウダータイプのファンデーションの場合はマットな質感を出したい時には良いかもしてませんね。

メイクをする前に保湿もしっかり行う

洗顔の後に化粧水でしっかり水分を補ってから、乳液やアイクリームを重ね付けします。化粧水を使う際にはコットンで目元パックをするのもおすすめです。こうしてメイクの前にもしっかり保湿すると目の下の乾燥を防ぐことができます。また目元用の美容液やクリームでしっかりと保湿してからアイメイクすると、目の下のメイク持ちもよくなり目の下の乾燥もしづらくなりますので一石二鳥なんです。

ファンデーション、コンシーラーなどを塗りすぎない

目の下のクマやくすみは気になりますよね。そんな時はつい厚塗りしがちですが、「色味」を工夫してクマやくすみを隠しながら仕上げのフェイスパウダーも、目元のところは薄くはたくだけにして余分な粉をブラシなどで落とすことで薄づけを心がけましょう。

下地、ファンデーション、コンシーラーとも、塗りすぎることで目の下の乾燥の原因になりなす。皮膚が薄く乾燥しやすい目の周りを塗るときには、薄く、丁寧に肌に乗せることが目のしたの乾燥を防ぐためには大切です。

乾燥に効果のあるアイメイクの直し方

乾燥シワで目の下がガサガサになるのを防ぐ、アイメイクの直し方をご紹介しますね。アイメイクのお直しに潤いを与える心強いアイテムは「乳液」です。乳液は水分と油分の両方が含まれていますから、水分補給と油分での保湿を同時に行うことができるで優秀なアイテムなんです。

しかし大量につけすぎないようにしなけれあばなりません、大量につけすぎないようにするには、綿棒・コットンがあると便利です。アイメイクを直すときには乳液をコットンに染み込ませて使用してください。量的には10円玉くらいをコットンに染み込ませた乳液を薄くなじませたあと、綿棒でオフします。

あとはフェイスパウダーを薄くのせるだけでメイク直しは完成です。

アイメイクの仕上げにひと手間プラス

最後にアイメイクが一通り済んだら、アイメイクの後に乳液やアイクリーム、美容液、オイルのいずれかのアイテムを目の下や目元など、乾燥させたくない部分に薄くつけ、そのまま優しくハンドプレスします。このようにひと手間プラスするだけで目の下の乾燥を防ぐことができます。

 

目の下の乾燥を防ぐスキンケアとは?

目の下の乾燥に効果的なスキンケア成分

目の下の乾燥にはセラミドやヒアルロン酸などが高濃度配合されているスキンケア製品を選ぶのがおすすめです。目の下のお肌が潤うためにはセラミドやNMFを補充し、増やす成分を用いてスキンケアを行うように意識してスキンケアを行うことで、乾燥を防ぎます。

乾燥対策で一番難しいのが目の周り!

目の周りの乾燥対策のポイントはとにかく、保湿成分のセラミド、ヒアルロン酸やNMFを増やす、そして減らさないこと。水分や有効保湿成分をお肌に補充したら、逃がさないうちに素早く閉じ込めるということです。

化粧品などでおぎなったつもりでも、浸透するのが遅いうえに成分が肌から逃げやすいので、目の周りを一生懸命保湿しても乾燥しやすいのはそのためです、なので直接ヒアルロン酸など保湿成分を注入する方法が一番有効だと言えるでしょう。直接目元にヒアルロン酸を注入する商品はこちらをクリック⇒『ヒアロディープパッチ』

目元パックと併用して直接目元にヒアルロン酸を注入する!

乾燥した部分をピンポイントで保湿する目元パックと併用して直接ヒアルロン酸を注入するスペシャルケアは目の下のお肌のケアにもぴったりです。
いつものスキンケアのほかに目元専用のスペシャルケアをプラスして、乾燥した角質層に潤いを届けましょう。最近では市販の目元専用のパックもバリエーション豊富に展開しています。素材も不織布やゲルにバイオセルロースなどさまざま。形も目の形に合わせていろいろなタイプが出ています。自分の肌のコンディションや目の形にフィットするものを見つけてみてくださいね。手持ちの化粧水を有効に使いたい人にはコットンパックもおすすめです。コットンパックは目の下もまぶたも同時にパックすることができますので手軽で便利。

・コットンパックのやり方
①化粧水、もしくは化粧水と美容液を混ぜたものをたっぷりとコットンに含ませる
②まぶたや目の下をコットンで覆って5分程おく

注意点は、長時間置きすぎないことです。5~10分を目安にするとよいでしょう。
長時間置きすぎると逆に目の下が乾燥してしまいます。毎日行うのが望ましいのですが、1日おきでも効果が実感できるはずです。

クリームでふたをして水分の蒸発を防ぐ

せっかく目の下の角質層に水分を届けても、そのままにしておいては乾燥してしまいます。目元パックで潤いを補充した後は、クリームでフタをして水分の蒸発を防ぎましょう。クリームはいつも使っているアイクリームで構いません。ワセリンなど、油分が多く含まれているものであればなおよいでしょう。

クリーム保湿のやり方とポイント

①目元パックが終了したら、適量のクリームを手のひらにとり温めながら柔らかく伸ばしましょう。

②クリームを目の下に押さえつけるようにつけましょう。
毎日続けることが効果アップの秘訣です。ポイントはこすらずに「プレスするように」つけることです。

 

まとめ

スキンケアやメイクの時にはしっかりと目の下の乾燥対策を行い併用して定期的なスペシャルケアを!

定期的なスペシャルケアは→ヒアロディープパッチを使ったスペシャルケアの体験談へ。

毎日丁寧に水分補給と油分補給を繰り返していくことでふっくらとした目の下を手に入れることができます。アイメイクやメイク直しの際の保湿対策も取り入れながら定期的にスペシャルケアをおこなうことで、あなた本来の目元をとりもどしてくださいね。

 

 

 

このページでは、サイト訪問者の方々が、安い価格、料金で通販やお申込みができるように、楽天などのお店の販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルキット、トライアルセットがあるか、ポイントは?値引きは?返金、返金保証、保障は?などの情報を紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャル、CM、広告や雑誌などを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服装方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、結果、成果、メリット、デメリット、副作用など、ケースによっては、人気ランキング形式などで比較していきます。オークション情報(ヤフオクなど)、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうかYouTube、動画、NAVERまとめ、アットコスメなどからの情報についても調査していきます。