ボトックス効果とヒアルロン酸効果/シワ改善

 

ボトックス注射という美容法について、なんとなく聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?ヒアルロン酸効果とどう違うのか、それぞれの効果について調べてみました。

まずは最近注目されているこのボトックスとはなんなのか、詳しく紹介していきます。

目次をクリックするとジャンプします。

ボトックスとは?

ボトックス

「ボトックス」はもともと眼瞼けいれん(目の周りの筋肉がピクピクと動いてしまって止まらなくなる病気)の治療薬として作られました。ボツリヌス菌の毒素で運動神経から筋肉へ行く信号をブロックし、筋肉を麻痺させるというものです。

ボツリヌス菌という非常に毒性の強い毒素から抽出される成分のことを「ボトックス」と言います。

毒素!?と聞くと、非常に危険なものだと想像される方もいらしゃいますが、完全に無毒化されたボツリヌス毒素から作られているもので実際に美容で使用され安全なものですのでご安心下さい。ボトックス治療は、眼科用の治療薬として正式な承認を得て、幅広い分野の治療に使用されています。

そして、最近、顔のシワなどの、表情筋によっておこってしまうものに注射することでシワを目立たなくさせる効果があるとして美容医療でも利用されるようになり注目を集めているんです。
ヒアルロン酸注射と同じように、手軽に注射をするだけでその効果が得られるということで最近話題のこのボトックス、実は様々な効果があることで話題になっています。

疲れた目尻の下に刺すヒアルロン酸を貼って寝ると、疲れきって乾燥していたのに、潤い集中補充


 

ボトックス注射が効果があるシワは?

笑ったときにできる目尻のシワや眉をひそめたときにできる眉間部のタテジワ、いわゆる普段はないのに表情によって目立ってしまう顔面にできるシワを「表情ジワ」というのですが、ボトックスはその筋肉の動きをゆるやかにすることでシワをつくらないようにします。

なので表情を変える前からあるシワに対しては効果はありませんので覚えておいてくださいね。

ちなみに、当サイトでもおすすめしているヒアロディープパッチは自宅でヒアルロン酸を直接目元にいきわたらせるスペシャルケアなんですが私の場合は、こちらのヒアロディープパッチで、目元のクマや目尻のしわも、ほとんどなくなりました。使った体験談ものせてあるので、興味があればご覧くださいね。→ヒアロディープパッチを使ってクマと目尻のしわを改善した体験談へ。

また今からヒアロディープパッチを始める方は結構ラキーです(笑い)全額返金保証が付いていたり、してますので気軽に始められるとおもいます。ただいつまで全額返金保証を付つけるのかわからないので、興味のある方はお早目に^^→ヒアロディープパッチの公式サイトはこちら

小顔ボトックス注射はごどんじですか?

最近、エラが張っている部分にボトックス注射をすることによって、エラの張りを改善し小顔になることが証明されてきました。これまでは、小顔の治療には骨を削る方法しかありませんでした。

1回の治療は5分程度です。日常生活にほとんど制限はありません。

さらに小顔ボトックス注射をすることで咬筋の緊張が緩和されますので、歯ぎしり顎関節症などを改善する効果もあります。また、治療を継続すると骨格もほっそりして本当の小顔を手に入れることが可能です。

ボトックス注射の副作用は大丈夫?

60カ国以上の国々で広く実施されおり、欧米では10年以上の歴史があります。安全性は高いと言えるでしょう、しかし妊娠中の女性や授乳中の方に対する安全性の研究は十分に行われていないので、妊娠中、授乳中はおすすめできません。そのような際は次回の投与の時に必ず医師に申し出るようにしてくださいね。

ヒアルロン酸とボトックスはどう違う?

ヒアルロン酸とボトックスはシワの治療として用いられ、似ていると思っている方も多いのではないでしょうか?実際は全く別の治療法なんです。

ヒアルロン酸

年を重ねてくると、皮膚の張りがなくなりたるんできます。加齢とともに皮下の組織のボリュームが低下してくるためなんです、そこでボリュームを適切に補うのがヒアルロン酸注射ということになります。

ヒアルロン酸は、シワを伸ばす製品で皮膚に注入するために充填材として開発されましたが、今ではたるみを改善するために骨上に注入して使用されたりもしています。

例をあげると

・目尻の下のシワ
・目の下のくぼみ
・法令線
・マリオネットライン

などに有効です。

ボトックス

それに対し、加齢ともに表情筋の働きが過剰になるなることによってできるシワを治療もしくは予防するのがボトックス注射ということになります。

加齢ともに表情筋の働きが過剰になる理由としては、皮膚の張力が低下また加齢に伴う顔のボリュームロスに伴い、顔を保つために表情筋の働きが過剰になるケースもあります。

例をあげると

・眉間のシワ
・目尻の笑いシワ

などに有効です。

一言で言えば、表情の変化によるシワに対応するのがボトックス、何もしていなくてもシワになっている部位はヒアルロン酸ということになります。

 

ヒアルロン酸とボトックスは組わせると効果大

ヒアルロン酸とボトックスはここ15年ほど美容皮膚科の中心であり続けていますが、
それには下記のような理由があり、2つ合わせることで高い効果が得られます。

シワが目立ってくる要因として

1 皮膚の緊張、弾力が低下するころにより表情筋の働きが過剰に見える。

2 皮膚、皮下組織のボリュームロスが起こることにより表情筋が過剰に頑張り、その働きが過剰に見える。

があげられます。なのでボトックスにより表情筋の働きを抑制するだけでは不十分なことが多く、ヒアルロン酸により皮膚の張力を高める、もしくはボリュームロスを補う必要があります。

うまく組み合わせることで、優れた若返り効果を発揮します。

ヒアルロン酸とは?

元々ヒアルロン酸は皮膚に備わっているもので、シワのない弾力のある肌をたもつために、沢山の水分を皮膚の中に蓄えるのですが、歳と共に皮膚の老化によってヒアルロン酸の量が減っていくため、シワやタルミがだんだん深刻な悩みになっていきます。

ヒアルロン酸の働きと加齢に伴う変化

ヒアルロン酸のメカニズム

ヒアルロン酸注入療法

表情ジワが深くなってくると通常のスキンケアではなかなか対応できません、気になる場合は美容医療を受けてみるのも一つの選択肢です。

「ヒアルロン酸注入療法」はその一つで、ヒアルロン酸皮膚充填剤(※医療用のヒアルロン酸)を皮膚に注入してシワを盛り上げ目立たせなくさせるものです。

また自宅でできるスペシャルケアを定期的に行う事もおすすめです。

自宅できるヒアルロン酸注入法はコチラっから

ボツリヌストキシン・ヒアルロン酸注入の 施術内容とは?

こちらの施術はどちらも、施術後は当日から洗顔はもちろんお化粧も可能な施術です。ヒアルロン酸は目のの下のシワ、鼻唇溝、額の横しわ、口周囲のしわ、マリオネットライン、目尻のしわなどに注入することによって注入直後から効果を感じることができます。

また、筋肉の動きによって眉間、額、目尻のしわには不必要な筋肉の動きを弱める ボツリヌストキシン注射が効果的です。

ボツリヌストキシン注入

10年ほど前よりアメリカを中心としてボツリヌストキシン注入が行なわれ、爆発的に流行しました。表情筋が繰り返し収縮することによって額の横ジワ、眉間の縦ジワ、目尻のしわ(カラスの足跡)が生じます。実際の治療は気になるしわの原因となっている筋肉を同定し、数ヶ所にこのボツリヌストキシンを微量注入すると3~4日後ぐらいから効果が出始めるようです。効果は4~8ヶ月持続し1年に2回を目安に続けると効果的だといわれています。

ボツリヌストキシンは『A型ボツリヌス菌毒素製剤』で筋肉に注入することにより筋肉自体が収縮できなくなる為、これを利用してシワをけす物です。

 

ボトックス療法

ボツリヌストキシンはボツリヌス菌(clostridium botulinus)により産生される神経毒素で、AからGまで7つの血清型が存在します。治療に使用されるのは最も安定し、作用も強力なA型ボツリヌストキシンです。

1989年にボツリヌストキシン(アラガン社製、米国)はFDAで承認され、1997年に神経毒素複合体蛋白のより少ない製剤として再承認されたボツリヌストキシンがA製剤です。

ボツリヌストキシンは熱処理されたアルブミン製剤で、微量(約5ng/100U)の神経毒素複合体蛋白を含んでいるため、アレルギー反応を来たす可能性がありますが1989年にFDAの承認を受けて以来世界71カ国、700万件以上に施療されています。しかし現在まで遅延型アレルギーまたはアナフィラキシーなど重篤な反応の報告を認めないという点では比較的安全な薬剤と考えられています。

ボツリヌストキシン注入がおすすめの人

■ 表情によって出る眉間のしわが出ないようにしたい人
■ 笑った時にできる目尻のしわを目立たなくしたい人
■ 安全な薬剤で治療を希望する人
■ 額にあるしわをなくしたい人

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸はコラーゲンの欠点である短い持続期間、高率なアレルギー反応といった2点を克服したものと言えるでしょう。

ヒアルロン酸注入

また、すべての生体に存在する数少ない物質で、高い生体適合性を持っています。なので治療前の皮内テストを必要としません。そしてヒアルロン酸は天然のムコた多糖類で主に皮膚、間接、皮下組織、眼球のガラス体、の滑液や滑膜などの大切な構成成分でもあります。

天然のヒアルロン酸は皮膚に注入されても、生体のヒアルロン酸を分解するメカニクスにより皮膚に注入されても、すぐに生物分解されてしまいます。

一方、注入用のヒアルロン酸性製剤は科学的修飾を加えて、安定化さているので、長期間溜まることが可能です。

ヒアルロン酸性剤の選び方

ヒアルロン酸製剤は注入する組織の深さに応じて選び、ゲル粒子が組織のマトリックス密度に適合していることが重要です。

ゲル粒子が大きすぎる場合、不均一な仕上がりとなり、組織障害をおこす可能性があります。また小さすぎると、ヒアルロン酸はマトリックスに支持されないので組織内に留まることができません。

ヒアルロン酸注入がおすすめな人

■ 誰にも気づかれずに美的効果だしたい人
■ 手軽な方法でしわを目立たなくしたい人
■ 傷が付かない方法でしわを目立たなくしたい人

ヒアルロン酸製剤の選択の仕方

さまざまな薬剤があり効果の持続は、その特長や注入部位によって異なりますが、普通は6~12ヶ月ほどですが、粒子の大きいものは1~2年持続する場合もあります。

疲れた目尻の下に刺すヒアルロン酸を貼って寝ると、疲れきって乾燥していたのに、潤い集中補充

まとめ

お顔のこの部分にはボトックス注射、だけどこっちはヒアルロン酸注射なんてことを読んだり見たり、聞いたりすることがよくあるのではないでしょうか?

なんで?そういうふうになるのと思うかたも多いはず。

同じ注入系治療においても、しわにはいくつか種類があるため、そのシワの適切な治療方法や用いる製剤なども変わってきます。

ヒアルロン酸注射は深いしわの溝を埋める治療。

ヒアルロン酸注射はまず筋肉の動きには作用しないので、表情に影響を与えません。

無表情の時でもくっきりと刻まれてしまったシワは深いシワといいますが、ヒアルロン酸注射はその深いしわにたいして、ヒアルロン酸を注入することで、しわを持ち上げて目立たなくふっくらとさせます。

ヒアルロン酸注射は筋肉の動きには作用しないので、表情に影響を与えません。主に目の上(まぶた)のくぼみ、目の上(まぶた)のくぼみ、法令線(ほうれい線)の治療に適します。

逆にボトックス注射は筋肉に作用して、しわを寄らなくさせ、シワが出ない状態をつくる治療といえるでしょう

怒る、笑うなどの表情や顔の動きによるしわを治療するの適しています。顔が動いたときに出てくる表情のしわには目を上げたときに出るおでこ(額)のしわ、険しい表情を作ったときに出る眉間のしわや主に笑ったときに出る目尻のしわなどがありますが、これらのシワに適応します。

基本的に表情じわはボトックス注射、深く刻まれたしわはヒアルロン酸注射で治療が行われています。

とはいえ、適応症状として、ヒアルロン酸注射とボトックス注射とで同じ部位が書かれていることが良くあることも確かです。

混乱しないように基本てきなことをしっかりと押さえておきましょう。

 

 

このページでは、サイト訪問者の方々が、安い価格、料金で通販やお申込みができるように、楽天などのお店の販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルキット、トライアルセットがあるか、ポイントは?値引きは?返金、返金保証、保障は?などの情報を紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャル、CM、広告や雑誌などを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服装方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、結果、成果、メリット、デメリット、副作用など、ケースによっては、人気ランキング形式などで比較していきます。オークション情報(ヤフオクなど)、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうかYouTube、動画、NAVERまとめ、アットコスメなどからの情報についても調査していきます。